現場日誌・現場ブログ塗装に関するマメ知識やイベントなど最新情報をお届けします!

HOME > 現場日誌・現場ブログ > スタッフブログ > 外壁劣化のサイン「チョーキング」について

外壁劣化のサイン「チョーキング」について

スタッフブログ 2015.05.24 (Sun) 更新

チョーキングとは壁面塗装が劣化して
チョークの様な粉をふいている状態のことをさし、
塗装機能が低下し、
次第にカビやクラックを引き起こすようになってしまいます。

そのため、
この現象が現れた時には、
外壁塗装をしなおす時期にきているということになります。

見た目の影響が少ない時期だけにどうしても費用のことを考えて、
外壁塗装をしなおすのを先延ばしにしてしまいたくなるものですが、
外壁塗装は建物の保護には必要不可欠なものであるため劣化のサインが
現れた時にはできるだけ早目に手を打っておくことが、
長い目で費用の節約になります。

外壁塗装をしなおすにはお金がかかってしまいますが、
それを先延ばしにすることによって
建物自体がダメージを受けることになってしまうと、
その修繕には更に多くのお金が必要となってしまうため、
そのような自体を避けるためにも、
劣化のサインが現れた時には早めに対処しておいたほうが
結果的にお金の節約に繋がるため
外壁劣化のサインは見落とさないようにしましょう。

埼玉県川越市の外壁塗装、塗り替えなら
プロタイムズ川越中央店へお任せください。
https://shikisai-design.jp/