現場日誌・現場ブログ塗装に関するマメ知識やイベントなど最新情報をお届けします!

HOME > 現場日誌・現場ブログ > お知らせ > 外壁の目地は痩せていませんか?

外壁の目地は痩せていませんか?

お知らせスタッフブログ 2015.04.22 (Wed) 更新

建物の機能のもっとも大切な機能が、
雨水などを室内に侵入させないための防水性です。

防水というと、屋根が真っ先に思い浮かぶかもしれませんが、
屋根だけではなく外壁の防水も重要です。

外壁は塗装、サイディング、タイルなど、
仕上げごとに種類が分かれます。

いずれの場合でも外壁材の取合いやサッシ周りには
コーキングと呼ばれる外壁の隙間を埋めるゴム状の目地材が
一定の間隔や位置で施されています。

このコーキングは、部材の取り合いの位置によって
使用される材質も異なりますが、
日光や温度の変化に弱く、劣化が起こりやすい部分です。

痩せて隙間ができたり、ヒビ割れが生じるようになると
防水機能が失われ、雨漏りや建材の腐食の原因となる恐れがあります。

コーキングは目立たない部位ですが、
浸水による建物の耐久性低下を防ぐために大変重要な部位です。

コーキングは、材質によって5年から10年程度で
打ち替えを行うことが必要となってきますので、
建物の建築後の維持管理にあたって考慮しておく必要があります。

 

埼玉県川越市の外壁塗装、塗り替えなら
プロタイムズ川越中央店へお任せください。
https://shikisai-design.jp/