現場日誌・現場ブログ塗装に関するマメ知識やイベントなど最新情報をお届けします!

HOME > 現場日誌・現場ブログ > 外装劣化診断 > 飯能市に外装劣化診断でお伺いしました

飯能市に外装劣化診断でお伺いしました

外装劣化診断スタッフブログ 2021.06.03 (Thu) 更新

こんにちは店長の富澤です。

屋根はスレート・コロニアルですが、様々な商材がある中で、このような劣化をしてしまう物がまだ多く存在しております。ご自宅の屋根は大丈夫ですか?

 

これは層間剥離といって、内容成分のセメントが根こそぎ破壊される劣化をする商材となります。

塗装はできません。

この上に防水シートを被せ、軽量金属のガルバリウム鋼板や耐久の高いジンカリウム鋼板をカバーすることが拐取工事の内容になって参ります。費用は塗装よりも掛かってしまいますが、仕方のないことなのです。

屋根診断飯能市

今は多くの業者が判断つきますが、過去にはこれでも塗装してしまう業者がおりました。冷静に考えても塗装する方が大変ですよね。

安い金額で押し進められ、騙されるなんてこともあったようです。

屋根診断飯能市

そうはならないように、しっかりと知識と実績、しっかりと経験ある専門部隊を持っている会社でお願いすることが良いと判断致します。

 

お問い合わせは、色彩デザインまで。