現場日誌・現場ブログ塗装に関するマメ知識やイベントなど最新情報をお届けします!

HOME > 現場日誌・現場ブログ > 外装劣化診断 > セメント瓦の劣化診断

セメント瓦の劣化診断

外装劣化診断 2023.01.22 (Sun) 更新

こんにちは!!坂戸市・飯能市の外壁塗装屋根リフォーム専門店 株式会社色彩デザインです

先日、川越にて塗り替えセミナーを開催いたしました。

その際に外装劣化診断の応募をいただきましたので診断内容を一部、紹介します。

この屋根材は和瓦に形状が似ていますがセメント瓦になります。   セメントによって大部分が構成されていますので塗装品になります。

全体的に退色を始めています。この写真は築15年程経過しているセメント瓦屋根になります。

その他の劣化としましては製造時の塗膜の剥離により内部が露出が始まり、北面や軒先に関してはコケが発生しています。

それから一番の問題点は棟瓦の固定力低下

中心に見える垂木の腐食により釘が刺さっておらず、雨漏りに直結する状況。

 

お気軽にご相談ください

坂戸市・飯能市の外壁塗装・屋根リフォーム専門店 株式会社色彩デザイン

坂戸ショールーム:坂戸市にっさい花みず木2-6-2

飯能ショールーム:飯能市中居30プリミテージュ1F

0120-130-522