現場日誌・現場ブログ塗装に関するマメ知識やイベントなど最新情報をお届けします!

HOME > 現場日誌・現場ブログ > 雨漏り診断 > シーリングの劣化が雨漏りの原因となる|雨漏り修理の費用について

シーリングの劣化が雨漏りの原因となる|雨漏り修理の費用について

雨漏り診断 2024.01.05 (Fri) 更新

シーリングの劣化が雨漏りの原因となる|雨漏り修理の費用について

飯能市、日高市の皆様こんにちは!! 

飯能市・坂戸市の外壁塗装・屋根リフォーム専門店

株式会社色彩デザインです!

どんなに丈夫なお住まいでも、時間が経てば劣化する部分は出てきます。

たとえば塗装、触れた手に白く粉が付着したり、ベコベコと浮きが発生してしまうこともあるでしょう。その先に待っているのは、雨漏りだったり根太の腐食だったりといった『さまざまなトラブル』なのです。

今回は「シーリング」から発生する雨漏りについてお話ししたいと思います。ちょっとした気づきがあれば、適切なメンテナンスで長く大切なお住まいと付き合っていくことができます。ぜひ今後の参考にしてみてください。

シーリング材で直る雨漏りがある

シーリング材で直る雨漏りがある

ホームセンターでも購入できるシリコンコーキングですが、以前は水回りに打つのが「コーキング」外壁や屋根に打つのが「シーリング」と呼び分けていました。現在は総称として「シーリング」で統一されています。

このシーリングを打ち直すことで止まる雨漏りがあるのをご存知でしょうか。ポイントを押さえてチェックすると、今あるシーリングの劣化を発見できると思います。ぜひ確認してみてください。

シーリングされている場所とは

シーリングが施されているのは、次に挙げるような箇所です。

  • パネルの継ぎ目
  • ダクト周り
  • 窓枠の外周
  • エアコン配線取り出し口
  • 外壁タイルの目地

他にも「穴埋め」や「腐食防止」に使われることが多いシーリング。

共通するのは「屋外と室内を隔てる」という使用方法です。つまり「隙間をなくす」ことがシーリングの役割なのです。

サイディングや外壁タイルなどの「外壁材」は、しっかりと継ぎ目をシーリングで埋めることで隙間風が入らなくなります。ダクト周りや窓枠の外周、エアコンの取り出し口は、外壁に穴を開けて設置されていましゅ。そのため、しっかりと隙間部分を埋めなければ空気の流れだけではなく、虫や砂埃が通り放題の状態になってしまうのです。

少し用途は変わりますが、サッシを固定するタッピングビスの頭を同系色のシーリング材で保護することで、サビの発生を抑えるという使い方をしていることがあります。交換時に剥がさなければならないのですが、サビて外せなくなるよりも作業性が上がるのです。

シーリング材が腐食すると、密着しているはずのシーリング材が痩せて隙間を生みだしていまったり、シーリング材本体がひび割れてしまったりするため、目視で簡単に劣化状況を判断できるようになります。

ご相談無料見積無料無料診断
外壁塗装に関するご相談はお気軽に
ご来店・お電話・メール下さい

0120-130-522受付 10:00-19:00 水曜定休(飯能店:日曜定休)

雨漏りは外壁からも侵入する

一般的に雨漏りというと、天井から水が落ちてくることを想像しますが、実は外壁から浸水して雨漏りとなることもあるのです。皆様のお住まいでこんな症状が確認できていませんか?

  • 窓サッシから雨水が侵入している
  • 換気フードから浸水してクロスに染みがある
  • 壁に雨染みがある
  • 壁や柱にカビが生えている
  • 浸水して壁紙が剥がれている
  • 石膏ボードが崩れてしまう

これらは外壁からの浸水で発生している雨漏りの一種です。水滴が落ちてくるだけではなく、石膏ボードや柱などに被害が及ぶと、生活空間にカビが大発生したり、内壁が崩れてしまうこともあるのです。

通常時、これらを食い止めているのがシーリング材で、症状が出ている付近の外壁を確認すると、シーリング材の劣化が確認できるでしょう。早急に対策を講じなければ、被害が拡大するのは間違いありません。

シーリングで雨漏りを止める手順

シーリングで雨漏りを止める手順

シーリングの打ち直しは、道具さえあれば誰にでも施工可能です。業者と同等の仕上がりとはなりませんが、コストを抑えるために自分でできる範囲は対処しているという方も多くいます。

ただし、ご自身で施工した箇所が、適切に施工できていなかったことで雨漏りが止まらなかった場合は、原因追求に余計な時間がかかってしまう恐れがあります。また、その分の費用がかさむこともあるので、自信がない場合は専門業者に任せるのも大切です。

では、ご自身でシーリング材を打ち直す際の手順について解説していきます。

侵入箇所の特定

まずは「どこから雨漏りが始まっているか」を特定しましょう。雨漏り箇所から一番近い外壁から確認してみてください。雨水が侵入する場所は、汚れや埃が溜まりやすくなっているため、黒くなっていることが多く、目視でもすぐに見つけられるはずです。

シーリング材がひび割れていたり、塗装が剥がれていたり、見た目からわかる劣化が見つかったら、本当にそこが雨漏りのスタート地点なのかを確認するためにも「放水」して意図的に雨漏りさせてみてください。

もし放水しても雨漏りしないようであれば、別の場所から入り込んでいます。今よりも高い位置のシーリングに劣化があるか確認しましょう。この放水には施工箇所の洗浄の役割もあるので、局所的ではなく全体的に放水してください。

たった今浸水が確認できなかったシーリング部分も、今確認できている雨漏りではない場所で浸水している可能性があります。シーリングの劣化が確認できているので、雨漏りが表面化する前に対処しておくようにしましょう。

養生と下地の整地

養生と下地の整地

シーリング材を打ち込む際は、必ず周囲をマスキングしてください。シーリング材はなだらかに打ち込むことができません。ケーキの表面に生クリームをデコレーションするようなものとイメージするとわかりやすいでしょう。ケーキの溝に生クリームをデコレーションしても、上手に平らな面にはなりません。シーリングでも同様の現象が起こります。

最後にシーリング材を施工箇所に対して押し込むように「慣らし」をして仕上げるため、マスキングしておかなければ周囲に必要以上に広がってしまうのです。

また、既存のシール剤を除去せずに増し打ちするため、シーリング材がしっかりと食いつくように「プライマー処理」もしなければなりません。プライマーを下塗りする際も、余計な部分にまで広がらないためにマスキングが役に立つのです。

マスキングの養生とプライマー処理が完了したら、いよいよシーリング材の充填です。

ご相談無料見積無料無料診断
外壁塗装に関するご相談はお気軽に
ご来店・お電話・メール下さい

0120-130-522受付 10:00-19:00 水曜定休(飯能店:日曜定休)

シーリング充填

マスキングからはみ出さないように、シーリング材を打ち込んでいきます。

本来であれば、既存のシーリングを剥がしてから施工すべきです。しかし、シーリングを打ち込む幅が広くなれば、適切にシーリング材を打ち込むのは難しくなり、別の場所でも雨漏りが発生する可能性が増えてしまいます。その場合は、増し打ちという方法で施工を検討しましょう。

ただし、増し打ちの場合、シーリング材の芯となる部分が生きている=活用可能な状態であることが前提条件です。芯部分が活用不可能な「死んでいる状態」の場合、増し打ちではなく、打ち直し(打ち替えとも呼びます)が必要になります。

シーリング材が固まる前に、ヘラなどの道具を使って劣化した部分にしっかりと押し込むように慣らしましょう。この時、マスキングからシーリング材がはみ出ないように注意することも忘れないでください。

押し込みに使うヘラは、平らなものや少し局面になっているものもあるので、施工箇所の形状に合わせて使い分けましょう。

しっかりと押し込めたら、シーリング材が固まる前にマスキングの養生を剥がしてください。剥がしている途中、シーリング材が施工面から浮いてしまうようだと、すでにシーリング材が固まり始めていることを表します。

シーリング材が施工面から浮いてしまうという状況は、

  • プライマー処理が足りていなかった
  • マスキングを剥がすまでに時間がかかってしまった

ということをあらわしているため、再度施工が必要です。そのままにすると、最悪の場合そこから浸水する可能性があります。

外壁からの雨漏り修理費用相場

外壁からの雨漏り修理費用相場

外壁から発生している雨漏りを修理する際、下表のような費用が発生します。

雨漏り修理の種類

費用相場

部分張り替え

50万円〜80万円

外壁塗装

80万円〜120万円

外壁の張り替え

150万円〜200万円

 

外壁の雨漏りは、修理方法によって費用にばらつきがあります。施工範囲によって費用に変動があるため、できるだけ「早期の対処」がコストを抑えるポイントです。

また、シーリング材の打ち直しだけでは雨漏りの根絶は難しい場合もあります。雨漏りの原因となっている箇所が広範囲に広がっている場合は、部分張り替えや外壁全体の張り替えが必要不可欠です。雨漏りは放置しておくと、建物の骨組み「躯体」に大きな悪影響を及ぼしてしまうため、早めの修繕計画を検討するとよいでしょう。

雨漏りに使える保険について

雨漏りに使える保険について

雨漏りの修理には、いくつかの保険を適用できるので持ち出し負担は少なく済みます。加入している保険の免責金額を確認して、適切に保険を利用しましょう。

火災保険

自然災害によって発生した雨漏りは、火災保険が適用できます。適用される自然災害は「風災・水災・雪災・落雷」などで、加入した保険の補償内容をよく確認してみてください。

住宅瑕疵担保保険

築10年以内の比較的新しいお住まいで雨漏りが発生した場合、住宅瑕疵担保保険が補償してくれます。ハウスメーカーによっては「10年保証」などを謳っていることもあるため、ご自身で保険請求しないで良い場合もありますが、補償範囲に該当しないこともあります。

瑕疵(かし)とは、簡単に言えば「傷や問題」のことです。新築住宅であれば、引き渡し時に傷や問題があるわけがないという定義に則って取引が進みます。耐用年数も10年以上が基本として考えられるため、それ以前に発生した問題に対しては「瑕疵」として扱われるのです。

シーリングが原因の雨漏りなら色彩デザインにご相談ください!

シーリングが原因の雨漏りなら色彩デザインにご相談ください!

シーリングが原因の雨漏り補修ならば、色彩デザインにご相談ください!当社はシーリングが原因の雨漏り修繕工事の施工実績も多数ございます。当社では、お客様に対して「わかりやすい説明」を心がけており、どのような状況で、どの部分から雨漏りしているのかについても細かく説明可能です。

また、当社には雨漏り診断のプロフェッショナルである「雨漏り診断士」が在籍しており、豊富な知識と経験、徹底的な調査をもとに雨漏り修理を行ないます。

外壁からの雨漏り、シーリングからの雨漏りならば、ぜひ当社にご相談くださいませ!

ご相談無料見積無料無料診断
外壁塗装に関するご相談はお気軽に
ご来店・お電話・メール下さい

0120-130-522受付 10:00-19:00 水曜定休(飯能店:日曜定休)


坂戸市・飯能市の外壁塗装・屋根リフォーム専門店

株式会社色彩デザイン

飯能ショールーム:飯能市中居30プリミテージュ1Fテナント

坂戸ショールーム:坂戸市にっさい花みず2-6-2

外壁塗装のプロに相談しよう!

今だけ!見積もり依頼クオカード500円分進呈!!

坂戸店来店予約 飯能店来店予約

お見積もりを取られている方へ!

相談・見積・診断は無料です。お気軽に!!

お気軽にお問い合わせ下さい!

0120-130-522 受付 10:00-19:00 水曜定休(飯能店:日曜定休)