現場日誌・現場ブログ塗装に関するマメ知識やイベントなど最新情報をお届けします!

HOME > 現場日誌・現場ブログ > お知らせ > 毛呂山町 外壁塗装・屋根カバー工事完了です!/坂戸市外壁塗…

毛呂山町 外壁塗装・屋根カバー工事完了です!/坂戸市外壁塗装・屋根塗装専門店色彩デザイン

お知らせ豆知識 2019.09.10 (Tue) 更新

 

 

こんにちは!坂戸市外壁塗装・屋根塗装専門店の色彩デザイン 施工管理の石塚です。

毛呂山町にて外壁塗装・屋根カバー工事が完工致しました。ご近隣にお住まいの皆様、ご協力ありがとうございました!

こちらのお家は外壁はモルタル壁で屋根はスレート瓦になります。

今回は外壁塗装のみで無く屋根のカバー工事(カバー工法施工事例)、ベランダサッシの交換工事を行わさせて頂きました。

屋根が塗装では無くカバー工法となった理由の一つとして

今までに何度か塗り替えた事がある

と言う様な事があげられます。

単純に、何度か塗り替えた=それだけ築年数が経過した と言う事も理由として有りますが、

塗り替えた回数分塗膜により厚みがまします。スレート瓦の場合埋めてはいけない隙間がある為、何度も塗る事により塗膜が厚くなっていき、その隙間が埋まってしまうおそれがあります。使用する塗料によっては1回目の塗り替えで埋まる事も。。。

じゃあなぜ埋めてはいけないのか?

はい。雨漏りします。

スレート瓦は縦の隙間から雨水が入り横の隙間から雨水がでる。そんな作りになっている為雨の出口を塗料でふさいでしまうと出口のなくなった雨水は裏にまわりスレート瓦を固定している釘などをつたって小屋裏へ、、、そしてお家の中の柱や壁に雨染みが、、、となる訳です。

 

当社では塗り替え時は必ず縁切りを行います。

しかし塗り替えも回数を重ねる事に塗膜が厚くなっていき縁切りでは対応しきれなくなってきます。

お家を長持ちさせる為に塗替えたのに雨漏りしてさせてしまっては何の為に塗り替えたのか意味が分かりません!!

そこでカバー工法となるわけです。

意外と縁切りの重要性を知らない業者さんもいらっしゃいますので皆さん注意して下さい!

 

~お家の今の状況を知りたいと思った方はこちらをクリック~

~各種プラン・参考価格表はこちら~

坂戸市・毛呂山町・鶴ヶ島市の外壁塗装・屋根塗装は色彩デザインへ

坂戸市にっさい花みず木2-6-2 ℡0120-130-522