現場日誌・現場ブログ塗装に関するマメ知識やイベントなど最新情報をお届けします!

HOME > 現場日誌・現場ブログ > お知らせ > 坂戸市・外装劣化診断(スレート瓦・窯業系サイディング)

坂戸市・外装劣化診断(スレート瓦・窯業系サイディング)

先日、坂戸市に外装劣化診断に行ってきました。

 

お客様にお伺いしたところ築25年経過しており、前回の塗装は12年ほど前に行っています。

前回の塗装工事は地元の業者さんにお願いして施工経験があり

今回は年数の経過によりご検討に入られたそうです。

 

屋根はスレート瓦・外壁は窯業系サイディングボードになります。

今回の診断で気になったのは通常の経年劣化では起こりにくいものや手抜きによるものがありました。

 

凹凸の表情をしたサイディングボードになりますが、数ヶ所の塗り残し

通常、色ありの塗装は3回塗り(下塗り1回・上塗り2回)行います。

表面の色は上塗り塗料の色になりますので同じ色で2回塗ることになりますがその両方ともこちらの部分に関して塗られていないことになります。

手抜き感が見受けられます。

その他、外壁の症状として

 

密着不良を起こして塗装膜の膨れが起きています。南面に関してはこのような症状が数ヶ所見受けられました。

続きまして1階屋根の一部分になります。

白く見えるところは塗装の剥がれになります。

素地のセメントが見えるまで剥がれが起きている為、雨が降る度に雨水が瓦の中に浸透し劣化を早めています。

次の塗装工事の際に剥がれの症状が出てしまっている為、下地調整が大切になります。

 

足場の接地面の跡までありました、、、。

 

こんな手抜きする業者も現実に 身近に 存在しています。

 

 

数社から見積もりを取って見比べるところ金額になっていませんか??

使用塗料・施工内容・職人が全て同じであれば一番安いところにお願いした方がお得になります。

しかし、まったく同じ工事は存在しません

目先の金額や根拠のない値引きに食いつき後悔しないでください。