現場日誌・現場ブログ塗装に関するマメ知識やイベントなど最新情報をお届けします!

HOME > 現場日誌・現場ブログ > 建材 > 塗料

塗料の記事一覧

セラミック塗料のメリットとは?外壁塗装に使われるセラミック塗料の防水効果について

セラミック塗料のメリットとは?外壁塗装に使われるセラミック塗料の防水効果について

飯能市、日高市の皆様こんにちは!!  飯能市・坂戸市の外壁塗装・屋根リフォーム専門店 株式会社色彩デザインです! 塗料にはさまざまな種類が存在します。その中でも、今回ご紹介するのは「セラミック塗料」です。 セラミック塗料とは、その名の通り「セラミック」を含有している塗料のことです。セラミックを塗料に含有させることで、表面的な強度をあげることができた塗料が「セラミック塗料」になります。 セラミック塗料には以下の4つの特徴があります。 耐熱性が高い 紫外線に強い 硬度が高い 汚れに強い 特徴以外にもメリットやデメリットについてもお話しします。 セラミック塗料の特徴やメリット、デメリットを理解することで、よりあなたの住まいに最適な塗料選びが叶うことでしょう。 セラミック塗料とは? セラミック塗料とは、その名の通り「セラミック」を含有している塗料です。そのセラミックですが、陶磁器やベアリングなどで使用されている耐久性の高い素材ということが知られています。 それを塗料に含有させることで、表面的な強度をあげることができた塗料が「セラミック塗料」です。 100%セラミックの塗料は存在する? セラミック塗料という名を聞くと、セラミックの含有量によって強度が変わるであろうことは想像がつきます。しかし、残念ながら100%セラミックの塗料は存在しません。むしろ、セラミック塗料というものに「定義がない」ことを知らない業者も多く存在している状況です。 この「定義がない」という部分が、実は大きな特徴を言い表しています。なぜなら、セラミック粉末を含有していれば、塗料の種類に関係なく全てが「セラミック塗料」だからです。 つまり、アクリル塗料にセラミックを混ぜれば「セラミック塗料」といえ、ウレタン塗料やフッ素塗料に混ぜても、同じく「セラミック塗料」なのです。そのため、単にセラミック塗料を使用と記載されていたとしても、母材となる塗料が何かわからないため、悪質な業者の場合、粗悪塗料にセラミックをませたものを使用されることも考えられます。 外壁塗装や屋根塗装を依頼する際、セラミック塗装という提示だけを信頼するのではなく、母材となる塗料が何かも確認しましょう。 セラミックの特徴 セラミックには4つの特徴が存在します。 耐熱性が高い 紫外線に強い 硬度が高い 汚れに強い セラミックは、陶磁器に使用されていることからも分かるように「焼き物」です。セラミックの種類によっては、1500度以上に耐えられるものも存在するほどに熱に強い特徴を持っています。 この耐熱性を理解するには、鉄が溶け出す温度が「1538度」であるということが良い比較になるでしょう。つまり、鉄であれば溶けてしまう温度でも、セラミックは耐えられるということです。 セラミック塗料が紫外線に強いのは、構成する主成分に有機物をほとんど使用していないことが理由です。有機物は紫外線によって劣化する特徴がある中、無機質ワニスや無機顔料を主成分としていることから、劣化しづらい「耐候性」に富んだ塗料なのです。 さらに、セラミック塗料は非常に硬いので、傷が付きづらく汚れの付着にも効果を発揮してくれます。例えば、自動車の塗装が2H〜4Hという硬さである中、セラミック塗料で施工した部分の硬さは9Hと倍以上の硬さを発揮してくれるのです。 この硬さは、表面に傷をつけることを許さないため、汚れが付着しようとした場合、引っかかる部分・掴まる部分がないということになります。 つまり、質の高いセラミック塗料を使用することで、外壁塗装や屋根塗装の効果が長く実感できるというわけです。 セラミック塗料の種類 セラミック塗料の中にも、いくつかの種類が存在します。母材の種類とは関係なく、セラミック塗料として扱われる中の種別をご紹介しましょう。 無機塗料 無機塗料とは、主成分となる樹脂そのものにセラミックを含有させたものを指します。そもそも「無機」と言われるものは「生命を宿さないもの」という定義があります。これをわかりやすくすると「炭素」を含有しないものという意味で、身近なものでは以下のようなものが無機物として挙げられます。 ガラス 金属 水 空気 セラミックもこの「無機物」であり、塗料に含有させることでメリットを発揮できるのです。 断熱塗料・遮熱塗料 セラミックが持つ特徴である「耐熱性の高さ」は、同時に「断熱・遮熱」にもつながる大きなメリットを持っています。単純に耐熱性が高いから寿命が長いというわけではなく、セラミック塗料を使用すれば、屋内への熱干渉を下げられるということにつながっているのです。 わかりやすくいうと、以下のような状況が生まれるということです。 夏の炎天下でも、室内に熱がこもらない 真冬の豪雪地帯でも、暖房の暖かさが逃げない 塗料一つで過ごしやすさが変わることを覚えておきましょう。 意匠性塗料 意匠性塗料とは、一般的な塗料で塗った滑らかな塗装ではなく、砂や小石程度の大きさを持ったセラミックを含ませることで、見た目に変化をうむ塗料を指します。日本古来の呼び方ですと「石目・乾漆・梨地」などがあります。 セラミック塗料のメリット・デメリット ここまで「セラミック塗料とは」という説明をしてきましたが、単純にどんなメリットとデメリットがあるのかを見ていきましょう。おもなメリットとデメリットは以下の通りです。 メリット 汚れにくい 熱を伝えづらい デザイン性が高い デメリット 耐久性が低い 色が薄い 塗りづらい メリットとデメリットを理解して、実際にセラミック塗料を選ぶ際の目安にしてみましょう。 メリット1「汚れにくい」 一部のセラミック塗料は、汚れを浮かせて雨水が汚れを洗い流すという「親水性」をおびています。そのため、メンテナンスをしなくても綺麗な状態を維持できるのです。つまり、雨水を利用してsん上できるほど防水性が高いということの表れでもあります。 メリット2「熱を伝えづらい」 セラミックの持つ「断熱性・遮熱性」の高さが、過ごしやすい室内を生み出してくれます。極端な気温になるような地域であればあるほど、セラミック塗料の断熱性・遮熱性の効果を実感できるでしょう。 メリット3「デザイン性が高い」 意匠性が高いという点で、セラミック塗料は再塗装の際にもデザイン性の高さを発揮できます。それも、職人がその場で配合するのではなく、そもそも意匠性を高く作られた製品があるので、性質としての安定性も確保できます。 デメリット1「耐久性が低い」 セラミック塗料はとても硬く、丈夫だという特徴を持って入るものの、その硬さが裏目に出て「ひび割れしやすい」というのがデメリットです。 丈夫なのにひび割れやすいという点に矛盾点を感じるかもしれません。しかし、これは全く矛盾しない現象なのです。なぜなら、硬いものであるほど壊れやすいということを誰もが知っているからなのです。 例えば、ガラスのコップとプラスチックのコップを床に落としたら、ガラスの方が割れやすいですよね。同じように、セラミック塗料は硬いからこそ壊れやすくもあるのです。 デメリット2「色が薄い」 セラミック自体が「白色」であることから、濃い色を作りづらいのがデメリットと言えます。濃い色を出そうとしても、同時にセラミックの配合量が増えてしまうため、どうしても淡い色になってしまうのです。 デメリット3「塗りづらい」 通常の塗料とは違い、セラミックを含んでいることが仇となり塗りづらいのがセラミック塗料の大きなデメリットと言えるでしょう。つまり、扱い慣れていない方が塗装した場合、ムラが発生してしまうということです。 セラミック塗料を含む塗料のご相談はぜひ色彩デザインへ! セラミック塗料は、他のどの塗料に比べても耐用年数が長い塗料です。それと同時に「費用が高くなる」という点も覚えておきましょう。また、母材となる塗料が粗悪なものでも、セラミックを混ぜ合わせてしまえば「セラミック塗料」と銘打つことができるので、どんな塗料を使ったセラミック塗料なのかを必ず確認するようにしましょう。 今後、外壁塗装をする予定があるという方は、質の良いセラミック塗料を扱っている施工業者を見つけることをおすすめします。 株式会社色彩デザインでは、今回ご紹介したセラミック塗料をはじめ、さまざまなタイプの塗料を扱っております。それぞれの塗料の特性やメリット、デメリットを把握しているため、外壁や屋根の素材に最適な塗料の提案が可能です。 塗り替え工事をご希望で塗料についてくわしくお知りになりたい方は、ぜひ当社株式会社色彩デザインにご相談ください! [myphp file="comContactL01"] 坂戸市・飯能市の外壁塗装・屋根リフォーム専門店 株式会社色彩デザイン 飯能ショールーム:飯能市中居30プリミテージュ1Fテナント 坂戸ショールーム:坂戸市にっさい花みず2-6-2 2024年02月08日 更新 詳しく見る
塗料建材
フッ素塗料で外壁や屋根を塗り直した時の費用相場

フッ素塗料で外壁や屋根を塗り直した時の費用相場

飯能市、日高市の皆様こんにちは!!  飯能市・坂戸市の外壁塗装・屋根リフォーム専門店 株式会社色彩デザインです! 外壁塗装や屋根塗装で使用する塗料には種類があります。古くから使われてきたアクリル塗料は、すでに低コストでもあまり活躍の場が失われつつあり、ウレタン塗料が低コスト塗料の代表格になりました。 そして、ウレタン塗料よりも耐久性が高く、最高の品質を約束されている「フッ素塗料」が、施工業者にとってもユーザーにとってもベストな選択だとされるようになっています。 当社色彩デザインでも高機能、高耐久のフッ素塗料での塗り替え工事が徐々に増えています。当社がフッ素塗料で施工したお客さまのうち、多くの方が以下のような感想をおっしゃっていました。 💬「フッ素塗料って高いと思っていたけれど、トータルコスパで考えると、じつは結構安いのね!」 💬「フッ素塗料って知れば知るほど、魅力的な機能がたくさんあるのね!」 結論から言うと、フッ素塗料は他の塗料種に比べて高額な塗料です。しかし、多くのお客様からの感想をまとめると「長期的に見るとかなりオトクで嬉しい機能が盛りだくさんな塗料」というお声を数多くいただきました。 そこで今回の記事ではフッ素塗料に関する以下の内容を解説していきます。 フッ素塗料とは フッ素塗料の費用相場 見積りのポイントについて これからお住まいの塗り替えを考えているのであれば、フッ素塗料の特徴を覚えておきましょう。 必ず役に立つはずです。 [myphp file="comContactL01"] フッ素塗料の特徴 同じペンキに見えても、実は種類によって耐久性や耐候性が全く違います。中には発色の仕方が違うために仕上がりに際が発生する場合もあるのです。同じメーカーの「アイボリー」でも、アクリル・ウレタン・フッ素と塗り分けた場合、それぞれで色味が変わるということも少なくありません。 では、フッ素塗料にはどんな特徴があるかを見ていきましょう。 フッ素塗料の特徴①|フッ素塗料は塗料種の中でも最上位のグレード 現在使用されている塗料の中で、フッ素塗料は名実ともに最上位のグレードとして扱われています。ちなみに、このグレードの決定ポイントは「耐用年数」です。下表では、他の塗料の耐用年数も合わせてフッ素塗料の優位性をご紹介しています。 塗料の種類 耐久性 アクリル塗料 5〜8年 ウレタン塗料 8〜10年 シリコン塗料 10〜15年 ラジカル塗料 12〜16年 フッ素塗料 15〜20年 このように、フッ素塗料で施工した場合であれば、低コストで施工できるウレタン塗料の倍程度の期間メンテナンスが必要なくなります。塗料自体の費用は上がりますが、工事の際に必要な「足場」の費用が半分になるのは大きなコストダウンになるのです。 たとえば、30坪(100m2)の建物を塗り替える際、足場費用だけでも50万円程度必要です。単純に、ウレタン塗料で2回塗り替えれば100万円かかる計算になります。しかし、フッ素塗料であれば、ウレタン塗料で2回施工しなければならないところを1回で抑えられ、足場にかかる費用も50万円で済むのです。 フッ素塗料の特徴②|紫外線にも強い 外壁や屋根に使われている塗料のダメージとなる1番の原因は「紫外線」です。他にも雨や風、それに伴って表面を汚す砂塵など、常に塗料はダメージを与え続けられています。フッ素塗料は、これらのダメージに対抗する「耐候性」に優れているため、長期間色褪せることなく美しさを維持してくれるのです。 耐候性の低い塗料の場合、劣化が早く、経年とともに外壁表面に白い粉が浮くことがあります。この現象を「チョーキング」といい、塗装の寿命を迎えたことのバロメーターとして認知されています。 フッ素塗料は、この「チョーキング」が発生するまでの期間が非常に長く、次のメンテナンスまでの時間を稼げるのです。ただし、晴れの日が長く、常に太陽が降り注ぐような地域の場合や、酸性雨が降るような地域の場合、耐用年数として設定されている期間よりも早く劣化が始まることもあることも覚えておきましょう。 [myphp file="comContactL01"] フッ素塗料の特徴③|高層建築にも使われる耐久性の高さ 一般的に、戸建て住宅程度の高さの建造物であれば、施工期間が半年以上かかることはありません。しかし、高層建築の場合は、半年以内に施工し終えることはかなり難しくなります。 最上階まで足場を組むだけでも数ヶ月を要することもあり、実際に施工し始めるまでに年単位になることさえあり得るのです。つまり、そう簡単に塗り替えずに済む耐久性を持った塗料でなければ、いつまでも工事が終わらないということです。 そのため、フッ素塗料のように、一度塗り上げた後の耐久性が高ければ、次のメンテナンスまでに期間を置けるというわけです。もし、耐用年数3年程度の塗料で外壁塗装をしてしまうと、全てを施工し終えたことには、最初に施工した箇所が翌年には際メンテナンスを必要とするかもしれません。 フッ素塗料が優秀であると判断できる「耐久性・耐候性の高さ」は、このような場面からもわかるのです。 フッ素塗料の費用相場 フッ素塗料で施工した場合の費用相場を、坪数ごとにピックアップしました。 坪数 フッ素塗料で施工した場合の費用相場 〜10坪 〜40万円 11坪〜20坪 40万〜75万円 21坪〜30坪 77万〜110万円 31坪〜40坪 115万〜150万円 41坪〜50坪 150万〜185万円 51坪〜60坪 188万〜222万円 61坪〜70坪 225万〜260万円 71坪〜80坪 262万〜300万円 81坪〜90坪 300万〜333万円 91坪〜100坪 336万〜370万円 101坪〜110坪 373万〜410万円 111坪〜120坪 410万〜444万円 121坪〜130坪 447万〜480万円 131坪〜140坪 485万〜500万円 141坪〜150坪 510万〜555万円 151坪〜 560万〜   フッ素塗料の塗装業者選び|見積り時のポイント フッ素塗料はとても優れた塗料ですが、塗料そのものの費用が高めなのと、施工業者に求められる技術力も一定以上必要です。誰が使っても同じように仕上がるわけではなく、確かな知識を持って施工しなければ、本来フッ素塗料が持つ性能を完全に発揮することはできなくなります。 ここでは「フッ素塗料で外壁塗装・屋根塗装を依頼する際の見積もり時のポイント」について考えていきます。 フッ素塗料の塗装業者選び:見積り時のポイント①|予算 安い塗料であれば、30坪ほどの建物は80万円前後で塗り替えられます。しかし、フッ素塗料の場合、同じ大きさの建物でも120万〜150万円ほどかかってしまいます。 施工業者からは、詳しく塗料の特徴について説明をされることはあまりありません。そのため、なぜ費用差があるのかという疑問には「フッ素塗料の方が長持ちするから」程度の情報しかもらえないのです。 事実、他の塗料に比べ長持ちするのがフッ素塗料の特徴ですが、比較した塗料の価格よりも倍近い価格差があれば選びづらいのは当たり前です。そのため、同じフッ素塗料で施工を相見積りする際は、より細かく塗料の特徴を教えてくれる業者を選ぶことをおすすめします。 [myphp file="comContactL01"] フッ素塗料の塗装業者選び:見積り時のポイント②|フッ素塗料のデメリットを理解している業者を選ぶ フッ素塗料はたしかに最上位グレードの塗料ですが、すべてが完璧な塗料というわけではありません。フッ素塗料にもいくつかのデメリットが存在します。塗装業者が提出した見積りをチェックし、最適な業者を選ぶ際には、このデメリットを理解している業者を選ぶと良いでしょう。 フッ素塗料は、完全乾燥後にとても固くなります。しかし、外壁材との相性が悪いと、この固さがデメリットとなってしまうのです。 例えば「モルタル」の外壁の場合、湿度により目に見えないレベルで伸縮を繰り返します。ここにガッチリと固い塗装膜が出来上がると、伸縮によってひび割れが生じてしまうのです。もちろん、外壁自体にもひび割れは生じますが、このような外壁材にはフッ素塗料は適しません。 もし、モルタル外壁の建物を塗り替える場合はフッ素塗料ではなく、柔軟性を持ったウレタン塗料やシリコン塗料がオススメです。ただし、ウレタン塗料もシリコン塗料も時間が経てばひび割れます。フッ素塗料よりも柔軟性がある分、モルタル壁に適しているというだけです。 どうしても「メンテナンス期間を延ばしたいからフッ素塗料を使いたい」という場合は、フッ素塗料の中でも「弾性」を持った塗料を選ぶことで対応できます。ただし、弾性塗料は熱を帯びやすいため、サイディング壁には向きません。 これらの特徴を知っている業者を選ぶことが望ましいです。 フッ素塗料の塗装業者選び:見積り時のポイント③|施工業者の技術の高さ 塗料に対する知識と、建物に対する知識を併せ持った、技術力の高い施工業者を選びましょう。なぜなら「外壁や屋根の状態によって塗り方や混合比などが変わる」からです。 塗料は適度の厚みで塗り、しっかり乾燥すれば全て同じように仕上がるというわけではありません。壁の劣化状態によって、外気温や湿度によって、施工数日前から施工完了後の数日間までの天気など、さまざまな状況を適切に判断して塗料を作り、適切な方法で塗り上げ、完全乾燥させることで、従来の性能を発揮できるのです。 これらは、施工業者の知識や経験が関係する重要なポイントになります。そのため、施工業者の技術の高さを見誤ると、塗料の性能を発揮できないのです。 フッ素塗料の塗装業者選び:見積り時のポイント④|塗料のフッ素配合量 安いフッ素塗料で提案してくる塗装業者にはご注意ください。メーカー正規品であっても、それぞれにフッ素配合量が違います。ほんの少しの配合だった場合でも「フッ素塗料」として表示していることがあるので、できれば大手塗料メーカーのフッ素塗料を使ってもらうようにしましょう。 当然、大手メーカー品を使うことで費用が高くなってしまいます。しかし、メーカー名に覚えがないようなフッ素塗料の場合、フッ素配合量が著しく少ないという場合もあるのです。中には、フッ素塗料としているにも関わらず、シリコン塗料やラジカル塗料だったということもあります。 しかし、ユーザーの目にはフッ素塗料と他の塗料の判断はつきません。そのため、確実にフッ素塗料での施工をしてもらうための保証料として、大手メーカー品を選ぶことをおすすめします。 色彩デザインは塗料メーカー「アステックペイント」の認定施工店です。遮熱塗料の市場シェアナンバーワンの塗料メーカーで、塗料の機能性の高さには塗料業界からも一目おかれているメーカーの塗料です。もちろん、ほかの大手メーカーの塗料も扱っております。 あなたの大切なマイホームに最適な塗料を提案させていただきますのでご安心ください! フッ素塗料での塗り替え工事ならば色彩デザインへご用命ください! フッ素塗料は、現在使用されている塗料の中で最も上位グレードに位置する塗料です。耐用年数も長く、次回メンテナンスまでの期間を長く取りたい方は「フッ素塗料」で施工してもらうことをおすすめします。 重要なのは 費用に対する理解 外壁材の種類 確かな技術力を持った施工業者 これらをユーザー自身が理解し、適切な施工業者に任せることです。 株式会社色彩デザインではこれまで数多くの現場でフッ素塗料での塗り替え工事を施工してきました。国家資格である一級塗装技能士を持った職人があなたのご自宅を懇切丁寧に施工いたします。 フッ素塗料での塗り替え工事ならば、ぜひ当社株式会社色彩デザインにおまかせください!あなたからのご連絡、ご相談をスタッフ一同、心よりお待ちしております。 [myphp file="comContactL01"] 坂戸市・飯能市の外壁塗装・屋根リフォーム専門店 株式会社色彩デザイン 飯能ショールーム:飯能市中居30プリミテージュ1Fテナント 坂戸ショールーム:坂戸市にっさい花みず2-6-2 2024年01月27日 更新 詳しく見る
塗料建材
まとめ

ウレタン塗料で外壁と屋根を塗装!ウレタン塗料のメリット・デメリット

飯能市、日高市の皆様こんにちは!!  飯能市・坂戸市の外壁塗装・屋根リフォーム専門店 株式会社色彩デザインです! お住まいのリフォームや定期メンテナンスで使われる「塗料」には、いくつかの種類が存在します。それぞれに特徴があり、費用も効果の持続性などの要素によって上下します。 ウレタン塗料は塗装工事に使われている塗料の中ではポピュラーで、価格も安定した扱いやすい塗料です。 今回のブログでは「ウレタン塗料」についてくわしくお話ししていきたいと思います。 [myphp file="comContactL01"] ウレタン塗料の種類 ウレタン塗料に使われている「ウレタン」とは、正式名称を「ポリウレタン」といいます。近年のウレタン塗料の主流は、アクリルポリオール樹脂を主材とする「アクリルウレタン樹脂塗料」です。仕上がりや耐久性に優れている人気の塗料になります。 一言に「ウレタン塗料」といっても、その中に4つの種類が存在します。 水性塗料 油性塗料 1液性 2液性 それぞれの持つ特徴を知っておくと、メンテナンス依頼時に「次のメンテナンス」までどれくらいの期間を設けられるかの判断ができるでしょう。 ウレタン塗料①|水性塗料 水性のウレタン塗料は、他の塗料に比べ以下のような特徴を持っています。 費用が安い 臭いが少ない 耐久性に乏しい 比較的扱いやすく、使う場所を選ばないという点ではとても優れているのが水性塗料の特徴です。反対に、耐久性の乏しさから「屋外で風雨に晒された際の劣化が早い」というデメリットを持っています。 さらに、塗装後の乾燥も早く、塗膜を薄くできるので汚れがつきにくいというメリットがあります。 ウレタン塗料②|油性塗料 油性のウレタン塗料の特徴は以下の通りです。 費用が高い 臭いが強い 耐久性が強い 水性塗料に比べとても臭いが強いため、屋内での使用には適していません。使用時には溶剤を使用して粘度を下げて、伸びを確保しながら使用します。塗料そのものの粘度が高く、取り扱いには慣れが必要です。 その代わり、耐久性が非常に高いため、風雨に晒される場所でも十分なロングライフ性能を発揮してくれる塗料です。粘性の高さから塗装後の塗膜を厚くできるので、光沢感のある仕上がりになるのが特徴です。 ウレタン塗料③|1液型 1液型のウレタン塗料の特徴は、水性・油性とは少し異なります。 比較的低コスト 薄め液やシンナーが必要 用途が限られる 使用時に必ずシンナーを使うため、使用できる材料に限りがあります。木材や鉄板への施工はできますが、プラスチックやポリエチレン製の製品に対する塗装はできません。サイディングのような外壁にはとても相性の良い塗料です。 苔やカビの発生を防ぐ効果が強いので、外壁や屋根への施工にとても適しています。 ウレタン塗料④|2液型 2液型のウレタン塗料は、プロがよく使用する高性能な物が多いです。 主材と硬化剤を混ぜ合わせ、溶剤で希釈して使用する 扱いが難しい 保存期間が短い 主材と硬化剤の混合比率を間違えると、本来の性能を十分に発揮できないため、素人が使うには適していません。しかし、適切な混合比率でできた塗料は、耐久性・耐候性・保持性のどれもがとても優れています。 ただし、混合後の塗料は保存ができないので、適量の見積りを間違えると破棄しなければならないのが大きなデメリットです。塗装面が増えたり、適切なスピードでの作業ができなかったりすると、余計なコストがかかってしまう恐れもあるのです。 そのため、2液型のウレタン塗料を使用できる施工業者は確かな技術力を持っているという判断材料にもなります。外壁や屋根に塗装した後は、次のメンテナンスまでの期間を長く確保できるでしょう。 ウレタン塗料のメリット ウレタン塗料の持つメリットは以下のものが挙げられます。 種類の多さ 汎用性の高さ 弾性に富んでいる 高級感のある仕上がり 施工時のコストを抑えられる これらのメリットについて見ていきましょう。 ウレタン塗料のメリット①|種類の多さ ウレタン塗料の歴史は長く、先にも挙げたように豊富な種類が用意されています。住宅以外にも使用される塗料なので、色の種類もとても豊富です。過去に使用されてきた塗料に比べ耐久性や防カビ性能が高いのも特徴で、施工後の建物の寿命を伸ばすのに効果的です。 ウレタン塗料のメリット②|汎用性の高さ ウレタン塗料は、建物全体を塗装できるという汎用性の高さが魅力です。ウレタン塗料の種類ごとに使用箇所を分けることで、そこに適した施工を行えます。 さらに、ウレタン塗料の使用を長く続けている業者も多いため、職人も扱いに慣れているというのは大きなアドバンテージになるでしょう。 ウレタン塗料のメリット③|弾性に富んでいる 塗料の中には、乾燥後に縮みやすいものもあります。しかし、ウレタン塗料は乾燥後の縮みが少なく、弾性を持った状態で固まってくれるので、揺れや歪みが発生した際に「塗面が割れづらい」という特徴を持っています。 地震の発生で塗膜が割れるということは少なく、仮に外壁そのものにクラックが入った場合でも塗面が保持してくれる場合もあります。 もちろんクラックが大きければ塗料も一緒に引きちぎれてしまいますが、隙間が開かないような規模の小さな状態であれば、そこからの雨漏りを防ぐことも期待できるのです。 [myphp file="comContactL01"] ウレタン塗料のメリット④|高級感のある仕上がり 外壁に使うウレタン塗料は、基本的に塗膜を厚くできるため、光沢感を持った状態で仕上がります。この光沢感が高級感につながるのです。 ウレタン塗装は、自動車の塗装や高級家具の塗装にも使われているので、同じレベルの光沢感を建物に施せるということです。 ウレタン塗料のメリット⑤|施工時のコストを抑えられる ウレタン塗料は歴史が長いため、すでにコストが安定しているのは大きなメリットです。低コストでありながらも一定以上のロングライフ性能を確保できるので、メンテナンス見積りはかなり抑えられる傾向にあります。 ウレタン塗料のデメリット メリットの多いウレタン塗料ではありますが、実際にはいくつかのデメリットも孕んでいます。 塗料が膨らみやすい 耐久性が低い 紫外線の影響 ランニングコストの高さ これらデメリットについてもご紹介します。 ウレタン塗料のデメリット①|弾性に富んでいる塗膜が膨らみやすい 外壁に使うウレタン塗料の多くは、塗膜を厚くできるというメリットがあります。しかし、このメリットが反対に作用してしまうという点を忘れてはいけません。 外壁に断熱材が入っている場合、内側から熱が伝わることで「塗膜の内側から乾燥が始まる」という現象が発生します。すると、密着力を発揮する前に乾燥した塗料は、外壁から剥がれてしまい浮いてしまうのです。 この浮いた場所が膨らんでしまい、適切な塗装が完了できないのです。また、外壁に付着している「錆・汚れ・埃・砂つぶ」などの影響で、外壁と塗料の噛みつき具合が弱くなってしまうことで、完全には塗料が乗らない部分があると、そこから塗装が膨らむというケースもあります。 ウレタン塗料のデメリット②|耐久性が低い 現在はウレタン塗料以上に耐久性の高い塗料がいくつかあります。そのため、ウレタン塗料で施工した場合、より高性能な塗料よりも耐久性が劣るのは仕方がありません。 高耐久塗料の代表として「フッ素塗料」を挙げると、フッ素は「約12年」ほどの耐久性を約束されています。対して、ウレタン塗料の耐久性は「5〜10年」と言われているので、最短で考えると「フッ素よりも2回」は多く定期メンテナンスが発生するということになります。 [myphp file="comContactL01"] ウレタン塗料のデメリット③|紫外線の影響 ウレタン塗料の特徴として、劣化が始まると「黄色く変色する」という現象が確認できます。この変色の原因が紫外線で、変色し始めた外壁面や屋根は決して美しくありません。 ウレタン塗料のデメリット④|ランニングコストの高さ 先に挙げた通り、ウレタン塗料よりも優れた塗料が出てきたために、定期メンテナンスの回数が多くなってしまうようになりました。 例えば、部材費を考えなかった場合で、戸建て1軒を塗り替えるのに100万円の工事費用がかかるとすると、フッ素塗料であれば12年に1度その費用が発生するだけで済みますが、ウレタン塗料の場合は同じ12年間に200万円が発生していることになるわけです。 仮に5倍の60年で考えると、フッ素は5回の塗り替えで500万円、ウレタンは5年ごと、12回塗り替えるため1,200万円かかることになります。 この価格差は大きなデメリットと言えるでしょう。 ウレタン塗料による屋根・外壁塗装の見積り相場 工事費用の見積相場は下表をご覧ください。 工事項目 数量 単価 金額 外壁・下塗り 160m2 900円 144,000円 外壁・上塗り 160m2 2,600円 416,000円 屋根・下塗り 80m2 900円 72,000円 屋根・上塗り 80m2 2,600円 208,000円 屋根・縁切り 80m2 400円 32,000円   上塗り塗料の種類によって費用が違うので、、以下の費用を目安に考えてください。 アクリル塗料 1,000〜2,000円/m2 ウレタン塗料 1,500〜2,500円/m2 シリコン塗料 2,000〜3,500円/m2 フッ素塗料 3,000〜5,000円/m2 光触媒 3,500〜5,000円/m2   塗料に関するご質問やお問い合わせは色彩デザインにお寄せください! ウレタン塗料による外壁塗装は、職人にとって馴染みのある扱いやすい施工方法です。種類も豊富で、期待する仕上がりを適切に実現できるでしょう。 しかし、ウレタン塗料が持つデメリットにも理解をしておかなければ、ランニングコストで大きな費用負担が発生するということになります。定期メンテナンスをする際は、ウレタン塗料を選ぶメリットとデメリットも知った上で選択するようにしましょう。 株式会社色彩デザインでは今回ご紹介したウレタン塗料のほか、シリコン塗料や無機塗料、フッ素塗料など、各種塗料を扱っております。 💬「ネットで見たけど、ウレタン塗料についてもっと知りたい!」 💬「ウレタン塗料よりも、コスパのよい塗料ってあるの?」 などなど、どのようなご質問でも結構です。外壁塗装の成功は「塗装業者選び」と「塗料選び」が9割です。遠慮なくご相談ください! [myphp file="comContactL01"] 坂戸市・飯能市の外壁塗装・屋根リフォーム専門店 株式会社色彩デザイン 飯能ショールーム:飯能市中居30プリミテージュ1Fテナント 坂戸ショールーム:坂戸市にっさい花みず2-6-2 2024年01月25日 更新 詳しく見る
塗料

外壁塗装のプロに相談しよう!

今だけ!見積もり依頼クオカード500円分進呈!!

坂戸店来店予約 飯能店来店予約

お見積もりを取られている方へ!

相談・見積・診断は無料です。お気軽に!!

お気軽にお問い合わせ下さい!

0120-130-522 受付 10:00-19:00 水曜定休(飯能店:日曜定休)