現場日誌・現場ブログ塗装に関するマメ知識やイベントなど最新情報をお届けします!

HOME > 現場日誌・現場ブログ

色彩デザインの現場日誌・現場ブログ 記事一覧

坂戸市で外装劣化診断を行いました!

こんにちは!外壁塗装・屋根塗装専門店の色彩デザインです。 先日行ってきた坂戸市外装劣化診断についてお話させて頂きます。 こちらのお家は屋根はスレート瓦で外壁はサイディングのご住宅です。 6年前に塗装工事を行ったとの事でしたが屋根は塗膜の下から苔が生えておりひび割れなどもありました! また、縁切りがされておらず裏にまわった雨水とスレート瓦主成分のセメントが反応した形跡がありました。 白くなっている部分は瓦裏にたまった雨水が流れた跡です。 セメントと雨水が混ざり溶け出た水酸化カルシウムが空気と反応し白く固まります。 見た目が汚らしくなってしまうのはもちろんの事、少なからずスレート瓦裏側に雨水まわっている証拠ですので、残念ながら再塗装不可という判断になります。この様な状態ですと屋根はカバー工事一択となります。 外壁は前回の塗膜が剥がれてしまっている部分やシーリングの切れが見受けられました。 お客様に前回の施工業者さんを聞いた所なかなか大手の塗装リフォーム業者さんでした。有名な所で安心してご依頼したとの事でかなりショックを受けておられました。 あとで後悔しないためにも業者選びは慎重に、知識のある業者に依頼されることを 強くお願い申し上げます!!!   会社概要はこちら 外装劣化診断のお申込みはこちらを   対応エリア 坂戸市・鶴ヶ島市・毛呂山町・越生町・日高市・飯能市・川越市・東松山市 2021年05月03日 更新 詳しく見る
外装劣化診断スタッフブログ

モニエル瓦(外装劣化診断)

こんにちは 色彩デザインです。   本日、外装劣化診断を行ったご自宅にモニエル瓦が施工されていました。 お話を伺った際に がな屋根は塗装の必要ないと思っていたそうです。 その原因としては建物を建てる際に屋根の建材として スレート瓦 or   瓦 の2択しかなく、さらに説明もほとんどなかったそうです。 大体の方は瓦と言われると和瓦(日本瓦)を想像されます。確かに日本瓦の場合は塗装の必要性はありませんが                 日本瓦↑(築30年以上)      ↓モニエル瓦は塗装が必要です。(築20年)   コケが発生し黒ずんでいるのが分かるかと思います。 雨水が浸透し、湿気帯びた状態が繰り返された結果です。     2021年05月02日 更新 詳しく見る
外装劣化診断お知らせスタッフブログ豆知識

築8年 スレート瓦・窯業系サイディング

こんにちは 色彩デザインです。   本日、坂戸市で外装劣化診断に行ってきました。   築8年 屋根はスレート瓦・外壁は窯業系サイディングが施工されていました。 スレート瓦は工場出荷時にアクリル塗装(約7年程度の耐久性)になります。 吸水テストを行った結果、ご覧の通り水をかけた所だけ色味が濃くなっており防水性がない為、雨水が流れ落ちてきません。 やはり、アクリル塗装の防水が切れて瓦に水が浸透しています。   その他にも北面に関してはコケが発生しています。 コケの発生は雨水が停滞していることを表しています。 雨が降る度に瓦に水が浸透し屋根の建材自体の劣化が進んでいきます。 建材自体の劣化を伴い、脆弱化した瓦は自然の環境下の中でひび割れが発生し ヒビの間から雨水が瓦の裏側まで入り込みます。 建物をこれ以上に劣化させないためには早急なメンテナンスが必要な状態にあります。   外壁の防水シーリング部分に大きな裂け目があります。部分的だけでなく、建物全体的に同じ症状がありました。     2021年05月01日 更新 詳しく見る
お知らせスタッフブログ豆知識

毛呂山町外壁塗装・屋根塗装の進行しています

こんにちは、外壁塗装、屋根リフォーム専門店 株式会社色彩デザインです 本日も晴天に恵まれて感謝です、さて現在進行中の毛呂山町の塗装現場に行ってきました スレート屋根、遮熱塗装の報告になります スレート瓦に現在アステックペイントの遮熱塗料専用下塗り材 サーモテックシーラーが施工完了しています また、屋根板金部分には しっかりと錆止め処理が行われて これより仕上げの工程に入ります   毛呂山町で屋根の塗装やリフォーム・雨漏りなどのご相談は是非お気軽に当社までお問合せください 有資格者多数在籍しております 皆様のご要望に幅広く対応させて頂きます 金額なども知りたい方 お待ちしています お問い合わせ:0120-130-522まで 株式会社色彩デザイン 坂戸ショールーム:坂戸市にっさい花みず木2-6-2 生鮮市場TOP様隣 飯能ショールーム:飯能市中居30プリミテージュ飯能1Fテナント   2021年05月01日 更新 詳しく見る
スタッフブログ

ゴールデンウイーク中も休まず営業してます

こんにちは、外壁塗装屋根リフォーム専門店の株式会社色彩デザインです 世間一般的には、大型連休中ではありますが、当社の施工は休まず営業しています 昨日は、あいにくの雨で施工中の工事もストップさせて頂きましたが本日は晴天に恵まれて最高の塗装日和となりました 川越市の施工現場では、外壁塗装も順調に進み 屋根リフォームがスタートしました。 今回も当社人気のディーズルーフィング・エコグラーニ仕上げになります 防水シートが全面に施工され新規の役物であります 軒先唐草・ケラバ板金・谷施工しています 屋根が7寸勾配で、急勾配施工の為屋根に足場を掛けての作業をしています 非常に施工も大変ですが、職人さんが一生懸命頑張ってくれています 谷板金の取付 ケラバなど役物も取付ました また屋根足場も設置しながらの作業です そしてこちら屋根本体も納品されてこれから施工して行きます 色彩デザインでは、屋根のリフォームはもちろん 水回りなどのリフォームも得意としています 外壁塗装などのご質問お気軽にお問い合わせください。 外壁塗装・屋根リフォーム専門店は、株式会社色彩デザイン 坂戸ショールーム:坂戸市にっさい花みず木2-6-2 飯能ショールーム:飯能市中居30プリミテージュ1Fテナント お問合せ総合ダイヤル:0120-130-522 2021年04月30日 更新 詳しく見る
スタッフブログ

飯能市に外装劣化診断でお伺いしました

こんにちは。店長の富澤です。 築10年経過し、外壁はALC(軽量気泡コンクリート)です。 縦横に一定間隔で目地があり、その内部にはシーリング材という柔らかい材料が入っています。 塗装の場合、このまま単純に塗るのではなく、シーリング表面のひび割れが弱点な訳ですからシーリングを増し打ちするなどして下地をメンテナンスしてから塗装することが必要です。   目地からひび割れが発生。 目地の割れ 開口廻りにもシーリングは入っています。押すと弾力が分かります。 ただ塗ればいい訳ではなく、外壁材にあった施工方法を知りたい方、品質重視したい方、是非弊社色彩デザインまでお問い合わせください。 2021年04月28日 更新 詳しく見る
スタッフブログ

鳩山町で外装劣化診断を行ってきました。

こんにちは!外壁塗装・屋根塗装専門店の色彩デザインです。 本日は鳩山町で外装劣化診断を行ってきましたので、診断内容について少しお話させて頂きます。 まず、屋根はスレート瓦のご住宅で4年前に塗り替え工事を行ったとのお話でした。しかし屋根に関してご指摘を受け当社にご相談にいらしてくれました! 屋根にあがり確認させていただいたところ塗膜自体は撥水し特に問題ありませんでした。 しかしひび割れが確認できただけでも7か所あり、その内3か所はひび割れを補修することなく割れたまま塗装を行った形跡がありました。 また、縁切りの施工がされておらず本来隙間を開けておかなければならない、隙間が埋まってしまっていました。 埋めなきゃいけないヒビはそのままで埋めてはいけない隙間は埋まっている 大変おかしな状況でした。。。 スレート瓦自体は撥水している為、急いで工事が必要な状態ではありませんが今後の工事の際はカバー工事のみのご選択になってしまう状態です。   棟板金は大きく反り上がってしまい風の影響を受けやすい状態でしたのでこちらは早めに交換の必要がある旨をお伝えさせていただきお見積りのご依頼になりました。   今後外装メンテナンスをご検討の皆様、知識不足の業者にご依頼しないようご注意下さい。   坂戸店・坂戸市にっさい花みず木2-6-2 飯能店・飯能市中居30 プリミテージュ1F 対応エリア 坂戸市・鶴ヶ島市・毛呂山町・越生町・日高市・飯能市・川越市・東松山市 2021年04月26日 更新 詳しく見る
スタッフブログ

飯能市に外装劣化診断でお伺いしました

こんにちは。店長の富澤です。   築30年、モルタル外壁と瓦屋根です。 モルタル外壁にはひび割れが。しかしヘアクラックなので塗装による保護も許容範囲の割れになります。しかし下処理の塗料をしっかりと選定する必要があります。 チョーキングも発生し、塗膜の防水切れ。ひび割れと合わせて水の侵入が発生しています。塗装が必要になります。 表面温度も赤外線で計測し、高温であることが判明。劣化を促進しています。 瓦屋根の漆喰は表面の割れや劣化、カビ繁殖が発生。 水の侵入口になってしまうので、漆喰補修が必要な状態です。 このように、各部位の正確な診断が必要です。先ずはご自宅の健康状態を把握し、適切な工事項目を見出すことが必要です。お問い合わせは色彩デザインまで。 2021年04月24日 更新 詳しく見る
スタッフブログ